先輩インタビュー

柳井支店 土木
2017年入社 まちづくり環境デザイン学科卒

小迫 郁絵

いつまでも続けたいと思える仕事、職場です

 子供の頃から道路工事など工事現場を見るのが好きでした。土木関係の仕事に就きたいという思いから工業高校に入り、さらに地元の岩国から広島まで土木系の専門学校に通いました。想いが叶って広島にある建設関係の会社に入ったのですが、地元で働きたいという思いが強くなって前の職場から紹介してもらい日立建設に入社しました。
 現在、入社以来、管理者として2ヶ所目となる現場を任されていますが、最初の時よりもスムーズに業務を行えていると自負しています。
 最初の現場では予定外のことが多く、そのたびに支店長に相談し、なんとか工事を終えることができたという感じでしたが、その時の経験が生かされているのだと思います。

 ところで先日、山口県が主催する女性向けのイベントに参加する機会がありました。建設現場で働く女性と建設業界に興味がある女子学生が集まり防府市の建設現場を視察するというものです。
 同じ環境で働く女性同士なので話がはずみましたし、学生さんにも仕事のおもしろさを伝えられていればいいのですが……。
 これまで男性の職場と思われがちだった建設業界ですが、今やそうしたイメージも過去のものになりつつあるのではないでしょうか。

 たしかに屋外での仕事ですので暑さや寒さなど大変さがないと言えば嘘になりますし、忙しい時期には工期に間に合わせるため残業も避けられません。現場監督として予算や原価、人員など管理しなければならないこともたくさんあります。それでも、少しずつ出来上がっていくワクワク感や工事が無事に終わった時の達成感は、それ以上の喜びです。
 また、現場によって一緒に働く方々の顔ぶれも変わりますので人間関係が広がり、違う現場で顔を合わせた時に、以前の現場の話をするのも楽しいものです。

 これまで相手の思いを誤解したり、自分が伝えたいことが相手にはうまく伝わっていなかったり、経験不足を感じることもありますし、失敗して落ち込むこともありました。しかし、たとえ失敗しても、その理由を考え、上司や先輩のアドバイスを参考にすることで、きっと次に活かせるはずです。いろいろな経験を積みながら1級土木管理技師の資格も取って、規模の大きな工事に早く携わりたいと考えています。
 そして、もっと将来の話になるかもしれませんが、もし結婚したとしてもこの仕事はずっと続けたいですね。
 この会社を選んだのも、柳井支店をはじめ女性の技術者が活躍していることに心強さを感じたからでした。実際、休暇を取る人へのサポート体制などを見ていると仕事と家庭の両立もきっと大丈夫なはずです。
 これから日立建設で長く働いていく中で、もっと女性の方が増えるといいかなとも思っています。

先輩インタビュー

募集要項・エントリー

私たちは共に働く仲間を募集しています

日立建設株式会社サイトページトップへ