土木・舗装

一般土木工事から特殊舗装・下水道工事にいたる幅広い分野で、
社会インフラの整備と生活環境の充実に貢献しています。

日立建設は創業以来、一般土木・造成・舗装・下水道工事等のさまざまな分野で、社会基盤の整備と生活環境の充実に貢献してきました。近年において、自社独自による品質管理の徹底、新工法の導入、技術開発研究、維持管理事業などに取り組んでいます。今後も幅広い分野で、社会インフラの整備と生活環境の充実に貢献していきます。

舗装工事

空港滑走路舗装工事から道路舗装工事・特殊舗装工事まで多岐に渡る舗装工事を行います。

橋梁工事

国土交通省、日本道路公団発注工事などを中心に社会基盤の整備に取り組んでいます。

ダム工事

毎日の生活用水の確保、治水対策、水力発電様々な経験により培った土木技術を駆使したダム工事を施工しています。

トンネル工事

在来工法による山岳トンネル・NATM工法によるトンネル工事を施工しています

造成工事

大型造成事業から、宅地造成工事まで自然との共生を目指した造成工事を行っています。

下水道工事

様々な工法を的確に採用し高品質の下水道工事を行っています。

特殊工事

各事業部門の新しい工法と新技術を開拓し、積極的に自社システムに取り入れております。(路面切削工事、地盤改良工事、特殊舗装工事、下水道管路維持管理工事、軽量盛土工事 など)

道路維持工事

国道はもとより県道・市道の道路維持に努めております。

路面切削工事

近年の交通量の激増と車輌の大型化により、舗装面損傷に対する、効率の良い道路維持補修工事が課題になっております。
日立建設では、ER552F-1ロードカッターを導入し 最新の路面切削機により、効率的な道路維持補修を実施しております。
国内3次排ガス対応型高出力エンジンで作業効率が良く、 優れた作業性・スムーズな操作性及び安全性の向上を極めた路面切削機です。

路面切削工事の設備紹介

ER552F-1

抜群の機動性に加え、作業効率と安全性を支援するパワフルな重切削機です。

ER552F-1

機能が地球を守り、性能が私たちを守ります。
排出ガス規制対象物質であるNOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)排出量の飛躍的な低減を実現し、「特定特殊自動車軽油少数特例2006年基準適合車」の認定を取得しています。
(国土交通省認定 排ガス対策型原動機〈第3次基準値〉)

ER550F、路面清掃車、ER552F-1

HF80Hロードスイーパー

4tトラックシャーシに架装した四輪ブラシ式スイーパーで、最新技術の結集により、高速道路から一般道路、市街地道路まで広範囲に使用できます。

HF80Hロードスイーパー

路面切削工事の様子

国道9号舗装修繕工事

国道190号改良工事

保有機械
切削機 ER552F-1、ER550
コールドプレーナー CRP-100Ⅱ
路面清掃車 HF80H(4tシャーシ) 4台
給水車(散水車)4t 2台

CONTACT

お問い合わせ

日立建設の事業に関すること、採用に関することなど
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム
日立建設株式会社サイトページトップへ