ISO活動

品質管理活動

日立建設株式会社は、ISO9001:2015年度版の移行認証取得を致しました。

日立建設株式会社は2018年5月に国際標準規格 ISO9001:2015年度版の移行認証を取得致しました。
2015年度版移行からは、2008年度版よりも更に「お客様からの信頼の確保」と「すみよい郷土づくりに貢献する」という目標を達成するために21世紀の建設業の課題に取り組んでいきます。

ISO9001

※無断転載禁止

国際標準規格ISO9001とは?
ISO(International Organization for Standardization)すなわち国際標準化機構によって制定された「品質保証に関する国際的な標準モデル(規格)」のことで、企画・設計から施工及び付帯サービスまでの全工程において、ISO9001が定める「要求事項」に全て適合したシステムで顧客の要求事項に沿った製品をつくりあげる「品質システム」のことを表しています。

適用範囲
土木・舗装・建築構造物の設計、施工
対象範囲
日立建設株式会社(本社・柳井支店・全営業所)
認証機関
エイエスアール株式会社
認定機関
ANAB

認証経歴

2000年10月
ISO9001:1994 認証取得
2002年11月
ISO9001:2000 移行認証取得
2003年11月
第1回 更新審査
2006年10月
第2回 更新審査
2009年8月
第3回 再認証審査(更新審査)
2009年8月
ISO9001:2008 移行認証取得
2012年4月
第4回 再認証審査
2015年5月
第5回 再認証審査
2018年3月
第6回 移行・再認証審査
2018年5月
ISO9001:2015 移行認証取得

弊社品質方針

  • 1.全従業員は、社是である「誠実・協調・研鑽」を念頭に、土木工事・建築工事・舗装工事を通じて品質・安全面で顧客の 要求と期待に応える。
  • 2.全従業員は、「創意」と「工夫」そして「技術の向上」により、「コスト削減」に取り組み、よりよい品質をより早く提供する。
  • 3.全従業員は、品質マネジメントシステムの有効性の継続的改善に取り組み、「信頼と安心」を顧客に提供する。
  • 4.全従業員は、「すみよい郷土づくり」をスローガンに、弊社の社会的役割・責務を理解し、地域社会に貢献する。

環境管理活動

日立建設株式会社は、ISO14001:2015年度版の認証取得を致しました。

ISO14001

※無断転載禁止

適用範囲
土木・舗装・建築構造物の設計、施工
対象範囲
日立建設株式会社(本社・柳井支店・全営業所)
認証機関
エイエスアール株式会社
認定機関
ANAB

認証経歴

2003年7月
ISO14001:1996 認証取得
2005年11月
ISO14001:2004 移行認証取得
2006年5月
第1回 更新審査
2009年4月
第2回 再認証審査(更新審査)
2012年4月
第3回 再認証審査
2015年5月
第4回 再認証審査
2018年3月
第5回 移行・再認証審査
2018年5月
ISO14001:2015 移行認証取得

ISO14001活動について

21世紀は「環境の世紀」と言われています。
官民をあげた環境保全への取り組みが強化されてきていますが、そのなかで私たち建設業は、資源を大量消費すると同時に、廃棄物も大量に排出する産業であり、環境に於いても非常に重要な役割と責任を担っています。
弊社は建設業の一員として、このような社会的要請を的確に把握し、環境保全に配慮した社会基盤の形成に先駆的な役割を果たしていくことが必要であり、それに伴いこの度環境マネジメントシステムの国際規格である、ISO14001の認証取得を平成15年7月9日に完了致しました。
ISO14001の認証取得活動を通して、更なる「すみよい郷土づくり」に貢献していきます。

弊社環境方針・環境目標

環境方針

  • 1.弊社の事業活動において、省資源・省エネルギー、建設副産物の低減、再資源化などに取り組みます。
  • 2.弊社の事業活動において、環境目的、環境目標を定め、定期的に見直しを行い、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図り、汚染の予防に努めます。
  • 3.法規制は勿論のこと、弊社が同意した環境に関する外部からの要求事項を遵守します。
  • 4.環境方針をはじめ、環境マネジメントに関連する活動について、すべての従業員および関係協力業者に周知徹底を行い、実行し維持します。
  • 5.社外とのコミュニケーションを図り、環境方針など必要な情報を公開します。

環境目的

  • 1.すみよい郷土づくり
  • 2.地域環境保全づくり
  • 3.産業廃棄物のリサイクルの向上
  • 4.排気ガスの低減

2020年度の環境目標及び達成状況

環境目的 環境目標 達成状況 備考
すみよい郷土づくり 利害関係者からのクレーム0件
地域環境保全づくり 環境保全対策3件以上/工事の達成率80%以上 環境保全対策2件以上から3件以上へのレベルアップ
産業廃棄物のリサイクル向上 再資源化施設への搬出100% 指定4品目以外の廃棄物
排気ガスの低減 電気自動車の利用率の向上 523日/年(3台)
走行距離21,042km/年(3台)
使用日数は、3カ年平均を維持し2016-2018年の平均走行実績より5%,10%,15%増加

達成状況(○:達成 △:達成してないが改善傾向にある ×:現状悪化) 過去の環境目標・達成状況はこちら

ISO14001とは?

ISO14001とは、国際標準化機構(ISO、International Organization for Standardization)が発行した、環境マネジメントシステムの国際規格です。「国際標準化機構」とはスイスに本部を置く国際的な非政府間機構で、全世界の標準となる工業規格や、品質管理規格を発行しています。組織の活動によって生じる環境への負荷を常に低減するよう配慮・改善するための組織的な取り組みを実施する事をISO14001では求められています。システム運用の方法として、「PDCAサイクル」を導入しているのが特徴です。

労働安全衛生活動

日立建設株式会社は、OHSAS18001:2007の認証を取得致しました。

OHSAS18001

※無断転載禁止

適用範囲
土木・舗装・建築構造物の設計、施工
対象範囲
日立建設株式会社(本社・柳井支店・全営業所)
認証機関
エイエスアール株式会社
認定機関
エイエスアール株式会社

認証経歴

2009年12月
第1段階審査
2010年1月
日立建設株式会社(本社・柳井支店・全営業所)
2010年1月15日
OHSAS18001:2007認証取得
2015年12月
第2回 再認証審査
2018年12月
第3回 再認証取得

OHSAS認証について

基本理念

日立建設株式会社は、「誠実・協調・研鑽」の社是のもと、土木工事、建築工事、舗装工事を中心に様々な事業活動を行っています。 建設業の事業活動は、労働安全衛生との関わりが非常に深く、弊社で働く人全員の「安全」と「健康」の確保を最優先とすることは当然の責務です。 日立建設株式会社は、労働安全衛生マネジメントシステム活動を通して、労働災害・疾病のない安全で心身の健康と快適な職場づくりを目指します。

弊社労働安全衛生方針

労働安全衛生方針

  • 1.リスクアセスメントに取組み、労働災害および疾病の発生防止に努めます。
  • 2.労働安全衛生目標を定め、定期的に見直しを行い、労働安全衛生マネジメントシステムの継続的な改善を図り、リスクの低減に努めます。
  • 3.労働安全衛生に関する法規制は勿論のこと、弊社が同意した労働安全衛生に関する外部からの要求事項を遵守します。
  • 4.労働安全衛生方針をはじめ、労働安全衛生マネジメントシステムに関連する活動について、すべての従業員および関係協力業者に周知徹底を行い、実行し維持します。
  • 5.社外とのコミュニケーションを図り、労働安全方針など必要な情報を公開します。

2020年度の労働安全衛生目標及び達成状況

労働安全衛生目標 達成状況
1 安全パトロールにおける指示・改善事項0.5件以内
2 車輌の出船方式100%

達成状況(○:達成 △:達成してないが改善傾向にある ×:現状悪化) 過去の労働安全衛生目標・達成状況はこちら

OHSAS18001とは?

OHSAS18001とは国際規格(Occupational Health and Safety Assessment Series)の略で労働安全衛生評価シリーズのことを意味します。この規格は労働安全衛生マネジメントシステムとして、組織が従業員の業務上の労働安全と衛生に関するリスクを洗い出し、対策を立案し、これを実施することで労働安全衛生に関するリスクを低減することを目的としています。未だに国際標準化されていませんが、現在、世界で流通しているOHSAS認証規格として、代表的な規格となります。

日立建設株式会社サイトページトップへ