汚染土壌の浄化

NETIS登録番号:CG-140021-A

NETIS登録のお知らせ(PDF)

概要

特定有害物質やダイオキシン類に汚染された土壌を現場において汎用の建設機械等を使用し、浄化剤及び固化剤を用いて無害化処理すると共に当該処理された土壌からの有害物質の溶出拡散を防止することによって、地盤を安定化させることを目的とする工法である。

特徴

・汚染土の搬出、処分が不要となりコストが縮減、工程が短縮される。
・汎用の建設機械で施工が可能。
・浄化剤と固化剤の同時混合が可能である。
・浅層から深層まで対応できる。
・建設資材として有効利用できる。
・河川、港湾における底質ダイオキシン類の対策工法として利用可能である。

技術の原理

汚染土壌の浄化

施工手順

汚染土壌の浄化

技術の有効性(浄化剤)

浄化剤室内試験結果


NETIS登録情報:汚染された土壌を浄化剤並びに固化剤を用いて原位置にて安定させる工法

特許出願中:
特願 2014-121323
ヘドロ環境現場安定化処理工法
特願 2014-125791
汚染物質の固定化方法

問い合わせ先
日立建設株式会社
〒759-0204 山口県宇部市妻崎開作720番地
TEL:0836-41-5111

協会HP: http://genichi-antei.jp/