日立建設-インターシップ

インターンシップ概要


実施期間 2月~3月(春休み)、7月~9月(夏休み)のうち1~2週間程度
応募方法 山口県インターンシップ推進協議会経由
URL : http://www.y-internship.com
E-mail: webmaster@y-internship.com
宿泊施設 社員寮利用可(2名まで)※徒歩圏内にビジネスホテル有り
宿泊費等 社員寮は無料/ビジネスホテル宿泊の際は都度検討
作業服等 支給(作業服上下・ヘルメット・長靴・安全帯・合羽)
研修内容 本社・事業所・関連施設訪問
現場見学・現場体験


平成30年度 夏季 インターンシップ実施報告

  本年度は日程5日間を2名単位で3期に分けて実施致しました。(男性5名 女性1名)
  実施期間  8/27~8/31、9/3~9/7、9/10~9/14
  実習内容
     ・座学(研修内容の説明、建設業の説明、弊社概要説明、弊社構内及び関連施設訪問)
     ・土木現場見学(圃場整備工事他)
     ・建築現場見学(新築工事、耐震補強工事他)
     ・測量実習
     ・実際の作業現場での基本的な職務理解として施工管理や安全管理に関する説明
     ・研修レポート作成

 現場見学の様子

   ①まずは現場の図面を理解するところから始まります。

   ②いざ、測量実習開始です。

   ③丁寧に指導しますので、未経験でも安心です。

   ④「ここの気泡が真ん中にくるように」。

   ⑤レベル測量は2人で行います。

   ⑥トランシットの据付、垂直かつ水平に。

   ⑦強い日差しを浴びながらの実習です。

   ⑧真夏の必需品「麦わら」ヘルメット。

   ⑨ドローンで空撮した写真を確認しています。

   ⑩空撮写真の比較、1ヵ月前から大幅に進みました。


 参加者コメント
   ご参加いただいた学生から様々なコメントを頂きました。その一部をご紹介します。
~建設業に対するイメージについて~
インターンシップ前はざっくりと物を建てる仕事としか分かっていませんでした。しかし、今回のインターシップを通して、建設業にはいろいろな職人さんがいることを知りました。その職人さんたちが力を発揮して一つの建物をつくりあげるということも同時に学びました。とても広い土地で作業するにあたっても、とても細かい施工図のもとに作られておりミリ単位での作業ということに大きく印象が変わりました。
~日立建設㈱へのイメージについて~
今回のインターンシップで関わらせていただいた皆様、やさしく気さくで話しやすい方ばかりでした。柳井支店の方も、この会社は人が良くて働きやすいとおっしゃっていたので、とても良い会社だなと感じました。
~これから社会人になるために参考となったこと~
ラジオ体操から朝礼に始まり、皆さんは働く現場へと行かれておりました。(現場では)いかに冷静に対応するか、期限や計画、道具の整備、事故、災害への対策がどれほど大切かが良く分かりました。 社会人になるにあたり、人との友好関係、日々の計画性や整理整頓の重要性を再確認できる機会にもなりました。日々の意識を高めようと思いました。
~建設業の一員として働くイメージについて~
ミスをしても許される学校の実習とは違い、現場では少しのミスが全体の進行を遅らせるなど、多大な迷惑をかけることに繋がるので一つ一つ作業や行動に責任感を持って働こうと思いました。これからの学校生活では、実際に現場で使うことを想定しながら授業を受け、知識と技術を身につけていきたいです。
~今回のインターンシップで印象に残ったこと~
 ・専門分野でない学部卒の人も数多くいる事
 ・アスファルトやコンクリートをリサイクル出来る事
 ・多くの会社が共同して一つのものを作り上げるという事。
 ・おおきなげんばでもとても繊細な作業が求められる事。
 ・測量実習や安全帯を初めて付けた事。
 ・現場の雰囲気がどの現場でも良く、すごくいいなと思った。
   以上が本年度のインターンシップ実施報告です。
   実習の様子を少しでも感じて頂ければと思います。